認知症の初期症状ってどんな症状?

プラズマローゲンは口コミでも人気の、認知機能の低下を抑えてくれる物質です。

 

人間なら誰でも持っている自然の物質ですが、生活習慣やストレスによってプラズマローゲンが減少すると認知症などの症状を引き起こすリスクが高まります。

 

認知症には遺伝的理由や環境要因などいくつか原因がありますが、70%は生活習慣にあると考えられています。生活習慣とは、毎日の生活そのもの、睡眠時間や運動量、ストレスの程度、そして食生活などが挙げられます。

 

プラズマローゲンはホタテ貝や鶏肉に含まれる成分ですが、近年では抽出した成分を凝縮したプラズマローゲンサプリメントとして製品化されています。毎日継続してホタテや肉を食べることができなくても、プラズマローゲンサプリを飲むだけで手軽に認知症の予防ができます。

 

また、プラズマローゲンは食品からの摂取が難しいと言われています。

 

認知症の初期症状

認知症を発症したばかりの初期の段階では、「なんだか忘れっぽくなったなぁ」という程度で、本人はもちろん周りの人も気づきにくいのが特徴です。

 

物忘れとの大きな違いは、昨日したことが思い出せないのが物忘れで、今すぐの事を思い出せないのが認知症の症状。

 

家族が気づく場合の初期症状には、「同じことを何度も繰り返す」「同じことがわからず何度も聞いてくる」「置き忘れなど、〜忘れが多い」など忘却によるさまざまなトラブルのほか、いきなり怒りだしたりするようなメンタル的症状も考えられます。

 

他の疾患との間違いに注意

認知症はうつ病などの精神疾患と似ている部分があり、物忘れなどの点においては間違われやすいもの。しかし同じ物忘れでも、うつ以上に深刻で本人にとっても気まずい思いをするものが認知症です。

 

うつ病による認知症状は記憶が保持されているので、抗うつ薬を使うことで改善が見込めます。しかし認知症の場合、症状を放置しておくと物忘れはさらに激しくなっていきます。

 

初期症状が確認できたら…

初期症状を放置したまま症状が進んでくると、さらに物忘れが激しくなり、外出先から自力で帰れなくなるといった深刻な状態まで進行していきます。

 

ここまで来ると本人には認知症の症状を自覚するすべがなく、家族や周囲の人もお手上げの状態となります。

 

認知症を発症すると「アリセプト」などといった専門の治療薬を投与することになります。しかし、「予備軍」である軽度認知障害(MCI)に特効薬はまだありません

 

したがって、軽度〜予備軍の状態ではプラズマローゲンサプリなどの健康食品や生活習慣の改善に頼るほかなく、直接的な治療はできないのが現状です。

 

しかし普段の生活の中で、認知症にかからないよう予防をすることは可能です。「脳トレ」など脳を働かせる行動や学習のほか、食生活、生活リズムの改善、その他にはプラズマローゲンサプリの摂取なども予防の一つになるでしょう。

 

軽度な状態であれば、まだ本人も認知症を予防しようという気持ちが残っており、症状と真剣に向き合うことも可能です。

 

毎日の、そしてこれからの認知症対策の一環として、ぜひプラズマローゲンサプリにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

プラズマローゲンサプリ詳細

 

認知症簡易チェック

認知症の初期症状記事一覧

認知症の半数以上を占めているものが「アルツハイマー型認知症」です。近年では脳の認知機能の低下を予防するため、プラズマローゲンサプリメントが登場して注目を集めていますが、今回の記事ではアルツハイマー型の患者さんの症状について考えてみたいと思います。アルツハイマー病とはアルツハイマー病は、脳がダメージを受けて徐々に脳細胞が死滅していく病気です。知的活動はもちろん、脳が制御していた身体活動や体の動きなど...