認知症の症状が進行するとどうなるのか?

認知症の半数以上を占めているものが「アルツハイマー型認知症」です。

 

近年では脳の認知機能の低下を予防するため、プラズマローゲンサプリメントが登場して注目を集めていますが、今回の記事ではアルツハイマー型の患者さんの症状について考えてみたいと思います。

 

アルツハイマー病とは

アルツハイマー病は、脳がダメージを受けて徐々に脳細胞が死滅していく病気です。

 

知的活動はもちろん、脳が制御していた身体活動や体の動きなども徐々に衰えていきます。

 

初期から中期への移行

アルツハイマー型の場合、初期には物忘れの症状がゆっくりと現れてきます。

 

最初は自分でも物忘れが多いと気づいており、認知症予防のためのプラズマローゲンサプリメントの摂取にも特に抵抗はありません。

 

しかし症状が進めば、その気持ちも失われ、だんだんと自分や周りのことがわからなくなっていきます。物を誰かに持ちさらわれたのではないかとする妄想も増えます。

 

大体、この時期は2〜3年から5〜6年程度続くと考えられています。

 

ふだんの生活としては、食事をしたかどうかわからない→もう一度食べよう→過食行動と繋がる可能性があり、認知機能の低下を防ぐためのプラズマローゲンサプリメントは毎日の生活に欠かせません。

 

ただし、入浴や着替えなどを面倒がったり、服薬の拒否など、介護されることに抵抗をする方も少なくありません。

 

中期の症状とは

中期には生年月日や時刻、電話番号、場所、季節などが分からない「見当識障害」という障害が多くみられます。

 

ひどい場合だと過去と現在の記憶があいまいになったり、混ざってしまったりするケースも。中期に入ると家族が本人に代わって食事の用意をしたり、プラズマローゲンサプリを飲ませてあげるなど、さまざまな手を尽くすことになります。

 

身の回りのことができなくなる一方、外出先からは突然「家に帰る」と宣言して勝手に歩き出してしまい、その結果道に迷って保護されるという問題が多く出てきます。

 

ふだんの生活についても、自分でお気に入りの服を探して着たり、長湯で入浴を楽しむ、使い慣れた電気製品を使うなどといった行動が困難になり、この時から家事が難しくなってきて、当事者以外の家族が家事を行うようになります。

 

中期の症状に悩む本人にとっては深刻な「幻覚」や「幻聴」、精神的不安感からの暴力的な態度などが現れはじめ、介護者とのトラブルや衝突なども起きやすくなります。

 

後期の症状とは

脳細胞が死滅してくると、脳の萎縮はさらに進行。アルツハイマー病を発病すると8年〜10数年で亡くなると言われていますが、個人差はあります。

 

今までは問題がなかった言葉の理解などもうまくできなくなり、会話が不能になり、食べ物ではないものを食べる異食行動や排泄の問題なども多く抱えるようになります。

 

運動機能なども大幅に下がり、健康を目的に歩くことや、立つこと、時には座ることすらままならなくなり、最終的には寝たきり状態になります。

 

寝たきりになると全身の筋肉などは低下し、免疫機能なども同時に低下。健康であればまずかからない感染症などのリスクも高くなります。

 

すでにプラズマローゲンサプリを日常的に摂取させる段階ではなくなります。

 

気力などは既になく、ものを食べる時も口を開けて食べようとはしなくなります。嚥下機能が下がると、栄養状態の問題が考えられるので、食べ物や栄養の摂取に「経管栄養法」を採用する場合もあります。

 

しかし経管瑛応報は誤嚥性肺炎などのトラブルのリスクが高いため、ものを食べていたら死に至ったというケースも多く報告されています。

 

このような手遅れになる前に、プラズマローゲンサプリを飲んでおくと、認知症の予防、改善に繋がります。

 

プラズマローゲンサプリ詳細

 

続いてはこちら
認知症予防に良い運動ってどんなことするの?