認知症になったら何科に行けばいい?ケアと介護の注意点

最近家族の物忘れがひどい自分の言動や行動に何か違和感を感じる…など、認知症のような症状に不安を覚えたなら、まずは病院や専門の医療機関を受診しましょう。

 

ただし、「認知症」という言葉は知っていても、何科に行けばいいのか分からないと思う方も少なくありません。

 

そこで今回は、認知症を相談できる場所とその方法について紹介したいと思います。

 

認知症を診てもらう

認知症は脳の神経細胞とそのはたらきに何らかの異常が起きている状態。一般的には脳神経外科や神経科などへ行きますが、精神科・神経内科・老年病内科などにかかることも可能です。

 

街の総合病院や大学病院など、専門性の高い病院ではさまざまな科に分かれていますから、受付などで問い合わせをして専門の科を紹介してもらう方法もあります。

 

また、地元の内科などかかりつけ医や看護師に相談してみるのも良いですし、保健所や老人介護に詳しい方に聞いてみる方法もあります。まだ数は多くありませんが、国内には「認知症専門医」もいますから、専門医を見つけて受診することも可能です。

 

認知症といっても原因はさまざまであり、精神的なストレスから発症しているのか、あるいは自然な老化によって発症しているのかは外から見た限りではわかりません。まずは専門の知識をもつ医師や医療スタッフによる診断を受けることが、何よりも確実な方法です。

 

受診の方法

認知症の患者さんに対しては、主に以下のような手順で診断を行います。

 

・本人または家族から生活の状態や今までの病歴などを問診

・記憶障害の具体的な内容と原因を診察

・本人への記憶テスト

・病巣確認のためのCT、MRIによる画像検査

・薬の処方

 

問診と画像検査はどちらも必ず行われます。医師は、患者さんの記憶障害が治るものか、そうでないものかを細かくチェックし、判断していきます。

 

また、認知症の患者さんの多くは本人一人で来院せず、家族や付き添い人が必ずまわりに付いています。患者さんだけでなく周りの方とも緊密にやり取りをしながら、現在問題になっている事柄と経過を聞いていきます。

 

薬の処方については、認知症の程度に応じた処方を行いますが、プラズマローゲンなど認知症の改善に効果的なサプリメントを出している医療機関もあります。プラズマローゲンのサプリメントは通販からも手に入れることができるので、ふだんの予防対策としてもお使いいただけます。

 

早めの受診が肝心

どんな病気でも、早期発見と早期治療が大切です。認知症かな?と思ったら、なるべく早くに病院を受診するか、認知症と疑われるご本人と話し合いをしましょう。

 

受診が遅れると「もう行かなくてもいいや」という気持ちになってしまい、対処がさらに遅れる可能性があります。

 

患者さんが認知症と判ったあとは、本人の周りの方に医師から詳しい説明がされます。

 

対処の方法、治療の進め方、さらには患者さんとの付き合い方や生活の仕方まで、本人の目の前では言えない事柄もご家族などに説明を行います。医療機関との緊密な連携によって、患者さん自身も認知症と前向きに付き合うことができるようになります。

 

プラズマローゲンサプリ詳細