アロマで認知症予防?プラズマローゲンでダブルアプローチ

テレビやインターネットなどで「認知症予防にはアロマが効く」とよく伝えられるようになりました。

 

アロマなら天然由来で体に優しく副作用が少ない、手軽に取り入れられると、興味を持っている方も多いでしょう。

 

リラックス効果があるのはわかるけれど、なぜ認知症にアロマが有効なの?と疑問に思う方もいることでしょう。

 

本記事では、アロマと認知症の関係について考えてみたいと思います。

 

認知症発症への正しい認識

今までは、認知症を発症すると脳の「海馬」=記憶分野がダメージを受けてしまい、脳機能が衰えていくと考えられていました。しかし近年に入り、海馬そのものというよりも海馬に直結した嗅神経が一番最初に損なわれることが判明したのです。

 

嗅神経とは、香りを司る部分のこと。嗅神経にダメージを受けると、それが少しずつ海馬本体に伝わって、記憶領域を破壊していくというシステムになっていたのです。逆にいえば、海馬を守るには嗅神経のダメージを軽減することが一番効率的な方法だと結論づけられました。

 

脳は日々、非常に複雑な動きをしています。一度破壊が起きると、完全に修復することは困難とも言われています。しかし認知症の予防や改善には意外にも、香りが重要な役割をすることが判ったのです。

 

アロマを使った認知症予防

アロマとは薬草や香草などの植物から香り成分(ピュアオイル)を抽出した精油のこと。

 

精油から直接香りをかぐことで、嗅覚を刺激して信号が脳に伝わり、神経系をコントロールします。それと同時に脳の幸せな記憶やイメージを呼び起こし、楽しい気持ちにさせてくれたり、ゆったりとリラックスをうながす効果も期待できます。

 

認知症は嗅神経以外にもストレスなどからもたらされるとも言われているので、アロマはさまざまな角度から認知症のリスクを減らしてくれるのです。

 

アロマといってもさまざまなグッズがありますが、100%混じりけのない精油こそが認知症予防にふさわしく、それ以外の人工的な製品は不適格とされています。

 

部屋やトイレなどに使う芳香剤や消臭剤にも、ラベンダーやカモミールなどのアロマの香りがつけられている場合がありますが、それらは100%純度の高い精油ではなく、人工的につくられた香りであるため、認知症の症状改善には向きません。

 

プラズマローゲンで二重に脳へアプローチ

アロマを使って効果的に認知症を予防できることが分かりましたが、食生活や生活習慣についても認知症予防を意識することが大切。

 

認知機能の改善に効果があるとして注目が集まっている「プラズマローゲン」は、人間を含む多くの生物に存在する自然の物質で、物忘れや軽度認知症などを予防する力があります。プラズマローゲンは年齢とともに体内から減少し、7割程度まで減ってくると認知症の症状がさらに顕著になってきます。

 

アロマの香りで嗅神経を刺激しつつ、サプリメントなどを使ってプラズマローゲンを体内に補うことで、脳機能をさらに健康にしていきましょう。

 

プラズマローゲンサプリ詳細

認知症にはアロマが有効って本当なのか?記事一覧

プラズマローゲンサプリは、認知症予防に大変効果の高いサプリメントとして注目されています。さらにサプリメントの効果を最大限に引き出すため、不規則な生活習慣を改めたり、ウォーキングや水泳、ヨガなどの適度な運動、そして食生活の改善などが必要です。そして、もう一つ、アロマがあります。ここでは、プラズマローゲンサプリと、併用してお勧めしたい認知症予防におススメのアロマについて詳しく説明します。アロマが認知症...