認知症予防に良いとされる食事!プラズマローゲンも忘れずに!

20歳から60代までに発症すると言われる認知症。高齢者じゃないから関係ない!ではなく、近年認知症にかかる若者も増えてきています。

 

認知症を予防するためには、偏った食事や生活習慣をなおし、脳細胞を若々しく保つ必要があります。

 

食事のポイントは、減塩・コレステロールを減らす・抗酸化物質を摂取することの三つと言われていますが、これは最低限守っておきたいポイントという意味です。近年では認知症を効果的に予防するプラズマローゲンという物質にも注目が集まっています。

 

ふだんの食事、バランスが偏っていませんか?内容をもう一度見直して、栄養のバランスを考えた食事内容を心がけましょう。

 

脳に良い食べ物

脳に良い食べ物とはどんなものがあるでしょうか?ここでは、近年特に脳に良いとされている食材を紹介したいと思います。

 

@ココナッツオイル

ココナッツオイルは植物脂などに替わるものとして大人気の食材です。ココナッツオイルを摂取すると、ブドウ糖の代わりの「ケトン体」を肝臓で生成します。このときケトン体が脳の神経細胞のエネルギー源になり、脳の認知能力がアップすると言われています。

 

ココナッツオイルを食べ物に混ぜたり、油代わりにして使ったり、スプーン小さじ一杯程度を口に入れるだけでも認知機能がアップすると言われています。研究によれば、毎日摂取したアルツハイマーの患者さんの認知能力が回復したという成果も出ているそうですから、若いうちから口にしておいて損はない食材と言えそうです。

 

A魚介類

健康を第一に考えると、どうしても野菜や果物にばかり目が向きがちですが、意外にあなどれないものが魚介類です。魚の中でも特にイワシ・サンマ・サバなどといった青魚たちには、不飽和脂肪酸という成分がたくさん含まれています。

 

不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールの増殖を食い止め、増殖を抑えて脳細胞を刺激。脳の老化を止めてくれるとされる成分でもあるのです。青魚を積極的に摂ることで、若返り効果を得られると言われています。

 

魚以外では、認知症予防に効果のあるプラズマローゲンという物質を含んだ「ホタテ」もおすすめ。ホタテの中には良質なプラズマローゲンが含まれており、食べ物から口にすることで直接、脳に良いはたらきを与える物質を吸収することができます。

 

B野菜

体のために野菜を摂らなければならないのは、子どもも大人も同じです。

 

体には日々「活性酸素」と呼ばれる物質が生まれていて、体をどんどん老化させ、弱らせていきます。その活性酸素に対抗する抗酸化力を高めるには、ビタミンCやビタミンEなどを食べ物から摂らなければなりません。

 

まとめ

食べ物は毎日食べるものだからこそ、将来の自分の健康を支えてくれます。特にプラズマローゲンは脳医学の分野で長年研究されてきた成分で、年齢とともに量が減っていき、認知障害を引き起こす元ともなるものです。

 

ホタテなどの食べ物から摂れない場合は、サプリメントを活用することをおすすめします。

 

プラズマローゲンサプリ詳細

 

プラズマローゲンサプリが効かない人はいる?