プラズマローゲンサプリを飲みつつ脳トレを日頃から行おう!

かつて専用のゲームや本、雑誌などが登場し、子どもから大人まで大きなブームにもなった脳トレ

 

脳力トレーニングとも呼ばれる方法で、れっきとした脳の老化防止法です。

 

ブームは小康状態にありますが、脳の老化を予防するにはふだんから常に脳トレを行い、何も考えない状態から抜け出す必要があるんです。

 

脳トレと認知症予防

脳トレは、認知症の予防に大変効果的と言われています。さまざまなゲームや会話などを通して脳を活性化させ、老化を防ぐことができるのです。

 

トレーニングと呼ばれるものは大抵、激しく運動したり極度の疲労感をともなうイメージがありますが、脳力トレーニングは1分でも30秒でも、いつでも場所を選ばずにできる方法。

 

一人でもできますし、友達や家族と一緒に遊びながら脳を鍛えていくことも可能です。

 

脳トレのポイントは、ちょっとした「ひらめき」です。何かを考えていて、その答えが判った時になるほどと納得したり、思い出しに成功したときのピンとくる感覚、これがひらめきです。

 

ひらめきは、脳の中に縦横無尽に張り巡らされた回路と回路をつなげるはたらきがあるため、より鮮明に脳が働くようになるのです。

 

ちなみに、脳の中の神経細胞は20歳をピークに減りはじめます。数にして1日10万個とも言われており、使わなければ使わないぶんだけ脳はどんどん衰えていきます。

 

誰もが脳の老化を避けることはできませんから、ふだんからの脳トレがいかに大切かということです。

 

脳トレに有効なゲーム

脳トレには、いつでも手軽にできるゲームがおすすめ。以下に代表的な方法を紹介したいと思います。

 

@連想ゲーム

「バナナといったら黄色」「黄色といったらレモン」「レモンといったらすっぱい」「すっぱいといったら梅干し」というように、形から色、色から味、味から感覚などというように連想をしていくゲームは脳を活性化させる効果があります。

 

A思い出しゲーム

以前住んでいた場所、部屋の中、友達の名前、住んでいた都道府県や自治体にある観光名所など、何でも良いので思い出して羅列してみます。今住んでいるエリアの道を思い出しながら描いたり、病院やスーパー、コンビニなどもできるだけ詳細に思い出してみましょう。

 

この思い出しゲームは脳の記憶回路を鍛える非常に有効なトレーニングです。一見ゲームのようですが、実際はその人の忘れっぽさを示す指標にもなるもの。万が一道に迷ったとき、正しく自宅まで帰りつけるか?という基本的なことを把握するヒントになります。

 

コミュニケーションも脳トレになる

ゲームではありませんが、他人や家族とのコミュニケーションも良い脳トレになります。

 

誰かと関わるときは会話やジェスチャーなどをフルに活用しなければならず、そこには脳の動きが伴いますから、良い脳トレになるというわけです。

 

脳機能の衰えが深刻な場合は、「プラズマローゲン」と呼ばれるサプリメントも役立ちます。

 

長年脳科学の分野で研究が進められ、近年ようやく自然の食材からの抽出に成功し、製品化された物質です。脳の認知機能を維持し、スムーズな思い出しを助けてくれる成分です。

 

プラズマローゲンサプリ認知症

 

続いてはこちら
プラズマローゲンでパーキンソン病の予防もできるってホント?

プラズマローゲンと併せてやる脳トレ記事一覧

プラズマローゲンサプリは、テレビや雑誌ですごく人気のサプリメントです。一体何に良いのかというと、脳機能です。プラズマローゲンサプリは、ホタテを原料にしたサプリメントですが、ホタテに含まれるプラズマローゲンが脳機能の回復にとても重要なんです。人間を含む動物にもともと存在するプラズマローゲンは、脳を正常に機能させるために、なくてはならない成分です。しかし、体内での生成は、年齢とともに激減。脳内のプラズ...