プラズマローゲンサプリを服用して脳みそを活性化させれば認知症を予防できる?

プラズマローゲンサプリは、テレビや雑誌ですごく人気のサプリメントです。

 

一体何に良いのかというと、脳機能です。

 

プラズマローゲンサプリは、ホタテを原料にしたサプリメントですが、ホタテに含まれるプラズマローゲンが脳機能の回復にとても重要なんです。人間を含む動物にもともと存在するプラズマローゲンは、脳を正常に機能させるために、なくてはならない成分です。

 

しかし、体内での生成は、年齢とともに激減。

 

脳内のプラズマローゲンが減少すると、その途端に脳機能が低下し、物忘れやボーっとした症状、気分の落ち込み、記憶力の低下が起こり、症状は次第に悪化し、軽度認知障害、アルツハイマーや痴呆症等、認知機能障害のさまざまなトラブルが出現します。

 

さらに、最近とても多くなっているのが、若年層の認知機能障害です。

 

これは、生活習慣が深く関係しているといわれていますが、今は、目だった症状はないものの、認知症予備軍と呼ばれている方は、とても多いといわれています。

 

現在プラズマローゲンサプリなど、優れた認知症予防サプリメントが販売されていますので、その症状を放置せず、早期に適切なケアができるようにしてください。

 

最近ボーっとする、物忘れが多い、なんとなく気分が高揚しない、疲れが取れない、などに心当たりがある場合は、1日でも早くプラズマローゲンサプリで、脳のケアを始めてください。

 

そして、プラズマローゲンサプリの効果を最大限に引き出す方法は、脳トレーニングです。脳機能の状態をサプリメントで正常に整えたら、以下のようなトレーニングを取り入れてください。

 

認知症予防脳トレーニング1「記憶する」

最近では、スマホやパソコンと、便利な機能が身近にあるがゆえに、記憶する事が少なくなっています。またちょっとしたことでもメモにしておく癖がついている人も多いかもしれません。

 

これでは、覚えるという事脳機能が低下していくばかりです。ですから、毎日1つでもいいので、何かを「記憶する」癖をつけ、脳を刺激しましょう。

 

認知症予防脳トレーニング2「理解する」

次に大事なのは、覚えた事を理解することです。

 

ただ、暗記するのではなく、なぜ?どうして?等、覚える事を理解するようにしましょう。

 

物事をただ暗記するよりも、あらゆることを関連付けることで、応用がきき、1度に多くのことを記憶できるようになります。

 

認知症予防脳トレーニング3「思い出す」

記憶し、理解したことを、今度は、脳から引き出すトレーニング「思い出す」を実行しましょう。せっかく脳に記憶したのに、それが引き出せないと意味がありません。

 

いや、引き出せないのなら、覚えていない、記憶していないのと同じです。

 

思い出しのトレーニングは、今日は何曜日、今朝は何を食べた?あの女優さんの名前は?小学生の頃飼っていた犬の名前は?など、さまざまなシーンをすぐに思い出せるかゲーム感覚で楽しんでください。

 

認知症予防脳トレーニング「ひらめき」

脳をワンステップ活性化させるには、ひらめきが必要です。例えば、とりと連想できるものは、たまご。

 

たまごから連想できるものは、黄色。黄色から連想できるものはひまわり・・・。

 

といった風にトレーニングしましょう。以上は、脳機能を活性化させるために必要なトレーニングです。

 

「まだ若いから関係ない」「ボケてないし、必要ない」と思っている方も多いと思いますが、脳機能低下は、老いとともに確実にやってきます。また脳機能の活動に必要なプラズマローゲンも加齢と共に減少します。

 

今のうちにプラズマローゲンサプリでしっかりと足りない分を補いつつ、脳の活性化を促すトレーニングで、いつまでも若く元気な脳を維持してください。

 

プラズマローゲンサプリ認知症

 

続いてはこちら
認知症には種類があるの?症状別に教えて!