プラズマローゲンが含まれている食品ってあるの?

不治の病」とも言われる認知症。

 

認知症夫婦

 

現代人に非常に多い病と考えられ、まだ未解明な部分も多く、治療法が確立されていない謎の病気です。脳機能の低下により、一度発症してしまうと元のように機能が回復することはなく、多額の治療費や介護費用がかかるという問題があります。

 

しかし、近年の研究で「プラズマローゲン」という物質が、認知症などの脳疾患の予防と改善に効果的であることが分かりました

 

プラズマローゲンと食品

プラズマローゲンは抗酸化作用をもつリン脂質の一種。人体におけるリン脂質の割合の18%程度を占めています。人間以外にも動物や魚介類などにも含まれ、脳機能などのコントロールに直接関わっている物質とされています。

 

プラズマローゲンが含まれている食品は、牛肉や豚肉などの肉類が中心です。魚介類よりも畜産肉、特に鶏の胸肉に多く含まれているそうですが、質に関しては意外なことにホタテのプラズマローゲンが良質であると言われています。

 

ホタテのプラズマローゲン

 

ホタテ以外では、ホヤ、カキ、ウニなど海の生き物の中にもプラズマローゲンが含まれています。

 

牡蠣

 

普段から、魚介類やお肉をバランス良く摂っていれば、脳機能の急激な低下を予防することができそうです。

 

食品からプラズマローゲンを摂ることの難しさ

鶏肉などはスーパーやコンビニなどでも販売されていて、比較的に手に入れやすいものですが、毎日食べるのはさすがに大変です。

 

どんな栄養素も食品から摂るのが一番とは言われていますが、続けるにはかなりの根気と費用が必要で、調理には手間ひまがかかります。

 

更に、プラズマローゲンは壊れやすいので食品から摂取するのは非常に困難であると言われています。

 

困難

 

食べ物から摂ることは簡単なようでいて、意外に難しいもの。時間に余裕がなかったり、食べる気になれない時などは、無理せずサプリメントなどを活用すると良いでしょう。

 

ホタテや鶏肉にプラズマローゲンが含まれるといっても、必要摂取量に届かせるにはかなりの量を口にしなければなりません。

 

一日の食事量には限界がありますから、プラズマローゲンについても毎日一定量を継続して摂取するには、プラズマローゲン配合のサプリメントの力を借りるのが一番手軽な方法です。

 

>>プラズマローゲンはホタテに多く含まれている?

 

サプリを活用しよう

今までは、プラズマローゲンを安定的に抽出することは非常に困難でした。しかし近年ホタテなどから良質のプラズマローゲンが抽出できるようになり、食用のサプリメントとして実用化されています。

 

認知症サプリ

 

手を尽くしてきたけれど、家族の認知症が進むばかりで困っている」「物忘れがひどくなってきた。人に迷惑をかけたくないので何とかしたい」脳機能の低下に悩む人が近年増え続けています。

 

そもそも認知症はストレスの蓄積などから引き起こされるとも考えられており、プラズマローゲンを摂ることでストレスによって酸化しやすい脳細胞にとって代わり、脳の老いを予防する効果が期待できるのです。

 

認知症はとても難しい病気。だからこそ、日々効果的な予防策をしっかりと行っていくことが大切ではないでしょうか。

 

プラズマローゲンサプリ詳細