プラズマローゲンサプリを飲み比べ!どっちが良かった?

インターネットや口コミ情報を見ているとプラズマローゲンサプリは「高純度プラズマローゲン」と「プラズマローゲンEX」の評価が高いことがわかってきたので、実際に飲み比べてみました。

 

どちらが、私的に効果が期待できるかを検証してみましたので、認知症サプリを検討されている方は一つの目安にしてみてください。

 

プラズマローゲンEXの評価

まず、価格的にもリーズナブルな「プラズマローゲンEX」

 

プラズマローゲンEX評価

 

こちらのサプリは、鶏に含まれるプラズマローゲンがメインの原料でした。鶏の原産地は九州ですので国内の品質の高い鶏むね肉から抽出されているということで少し安心です。

 

ただ、一ヶ月飲み続けてみたところ、記憶力や物忘れが改善された感じは特にありませんでした。

 

一日一粒飲むだけなので手軽さはありますが、画期的な症状改善とはいかず、少し微妙な感じです。

 

高純度プラズマローゲンの評価

で、次に試したのが「高純度プラズマローゲン」のサプリ。

 

こちらは、九州大学の名誉教授「社団法人プラズマローゲン研究会副会長の藤野武彦さんが研究開発したサプリです。

 

高純度プラズマローゲン評価

 

500万人の認知症患者を救いたいという教授の思いから長年研究が続けられてきており、かなり情熱を感じます。

 

また、中程度の認知症患者がこの「高純度プラズマローゲン」を3年間摂り続けて、症状が正常化しているというデータもあります。

 

プラズマローゲン研究結果

 

今はまだ治験が始まったばかりの段階なので、症状が正常化したらプラズマローゲンをやめてもいいかの判断が難しいようですが、飲み続けることで認知症の症状を抑えることに成功している例は確かにあります。

 

実際、私自身も今は「高純度プラズマローゲン」を継続的に飲み続けていますが、以前はぼんやりとしていた頭がスッキリしてきたように思いますし、人の名前もすっと思い出せるようになりました。

 

プラズマローゲン服用

 

カプセルも飲みやすいサイズですので、高齢者でも飲みやすく続けやすいです。

 

高純度プラズマローゲンは、「脳疲労」時の血中濃度を減少させる効果が確認されており、アルツハイマー病患者の症状改善に有効なことは明らかです。

 

また、医薬品ではないので高額な治療費がかからないところもポイントですよね。

 

新薬として開発すれば、10年間で200億円以上かかるのが、サプリメントとして実用化されれば、現代の認知症予備軍の団塊の世代でも間に合います。

 

アルツハイマーかどうかの診断に「血中プラズマローゲン測定」が必須項目になると言われているので、やはりプラズマローゲンを体内で作れるかどうかがカギとなるようです。

 

認知症のメカニズムとして、プラズマローゲンを作れなくなった人がアルツハイマーになりやすいということですので、日ごろからサプリで補っていくことで未来の認知症患者を減らすきっかけになることを期待して、これからも飲み続けていきたいと思います。

 

私としては「プラズマローゲンEX」よりも「高純度プラズマローゲン」の方がおすすめです。

 

値段で比べるとプラズマローゲンEXの方が安価ではありますが、サプリを値段で決めてしまうと効果がなかったら無駄遣いになりますので、効果の期待できるものを選ぶべきかなと思います。

 

もちろん、個人差があるとは思いますので参考までに。

 

プラズマローゲンサプリ詳細