認知症には種類があるの?症状別に教えて!

今や国民的疾患の一つともなった「認知症」。

 

実は認知症にはいくつかの種類があり、頻度が多い順番にアルツハイマー病、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭葉変性症の4つとなり、これらは「4大認知症」とも呼ばれています。

 

若いうちからこれらのしつこい認知症にかからないための予防策として、新しく発見&製造された「プラズマローゲンサプリ」が注目されています。

 

プラズマローゲンとは人間や動物の体内に元からあるリン脂質の一種で、脳機能に直接かかわりを持つとされる物質です。

 

アルツハイマー病

一次性認知症のなかで最も多い病気で、最近話題のプラズマローゲンサプリが予防効果を与えると期待されています。

 

アルツハイマーの初期にはただの物忘れだけの時期が続きますが、徐々に記憶力が低下し、買い物や掃除、家事などへの障害が出現。

 

イライラや気持ちの不安定なども起きてきます。最終的にはありとあらゆる事を忘れ、ものを食べる意欲なども失ってしまうと言われています。

 

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、一次性認知症の範囲中ではアルツハイマー病に次いで患者数の多い病気です。

 

物忘れにはじまり、アルツハイマー病に似た内容を抱えることになりますが、初期の段階からリアルな幻視がみられたり、精神の波が大きい、歩行や走行、体の動かし方などのパーキンソン病的な症状が組み合わさってきます。

 

脳の認知機能の低下を抑えるためには、プラズマローゲンサプリがここでも有効です。

 

寝ている時のみ、ひどい寝言や手と足の慌ただしい動きをともなったり、普段の生活では抑うつ症状が出る場合も。複合的とも思える症状が増えてることで、はじめて認知症と気づくことができるのです。

 

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害に続いて起こると言われる認知症のことで、アルツハイマーのような記憶障害や見当識障害などに似た症状だけが進んでいきます。

 

脳血管の問題ではありますが、高血圧症になったり歩行ペースが小刻みになる、失禁が多くなるなどといった特徴が出てきます。MRIや脳血流SPECTなどの診断を行い、脳血管性認知症かどうかを判断します。

 

前頭側頭葉変性症

一次性認知症の約1割で、アルツハイマー病に比べて早くに発症する傾向がある病気です。物忘れはあまり目立ちませんが、人格の急激な変化や異常行動など深刻な症状のほか、短絡的な行動や言動、だらしない行動などが特徴です。

 

症状が進んでくると繰り返し行動や文字の読み書きができなくなる言語障害などが現れてきますが、いずれにしても予防策らしい予防策はなく、プラズマローゲンサプリで脳機能の低下を抑えることが大切です。

 

その他の認知症

「若年性認知症」

若くても認知症を発症するケースもあります。64歳以下で認知症を発症すると、「若年性認知症」と呼ばれるようになります。

 

「アルコール性認知症」

アルコールを多量に摂取していると、脳血管に障害を起こし、その結果「アルコール性認知症」となることがあります。

 

「まだら認知症」

脳血管性認知症で発生する症状で、同じことをしても出来たり、出来なかったりと行き来してしまう場合の症状です。

 

認知症の予防・改善にはプラズマローゲンが効果的です。

 

プラズマローゲンサプリ詳細

 

続いてはこちら
認知症の初期症状ってどんな症状?