プラズマローゲンサプリの効果を引き出す飲み方とは

さまざまなメディアに取り上げられ、サプリメントとして製品化もされ、ますます注目が集まる物質「プラズマローゲン」。

 

認知症、アルツハイマー、痴呆症などの予防と改善に効果が高いとされ、予防治療や中高年以降の方のケアサプリとしても人気を集めています。

 

アルツハイマー

 

長年の研究により、プラズマローゲンは生物の基本的な知的機能に深く影響していることが明らかになりました。

 

年齢による物忘れや痴呆などのトラブルは、プラズマローゲンが体内から減少することで引き起こされると考えられています。

 

物忘れがひどい人の血液などを調べたところ、ふつうの人に比べてプラズマローゲンが7割程度まで減少していたことも研究によって明らかになっています。

 

逆に言えば、食べ物やサプリメントを活用してプラズマローゲンを摂取することで、脳機能にかかわる疾患を予防・改善することもできるのです。

 

効果の高いプラズマローゲンとは

プラズマローゲンの効果的な摂取方法としては、良質のプラズマローゲンを有するホタテを食べるのが良いそうです。とはいえ、一日で食べられるホタテの量はそう多くはありませんし、時間の都合などで食事ができない場合はサプリメントを活用すると良いでしょう。

 

また、ホタテを直接摂ったとしても、プラズマローゲンを吸収できるわけではありません。

 

>>プラズマローゲンが含まれている食品ってあるの?

 

ホタテ貝から抽出したプラズマローゲンを凝縮したサプリメントは、私たちの食生活を邪魔しない便利なアイテム。

 

プラズマローゲンサプリの摂り方

サプリの飲み方

 

サプリメントは、製品ごとに決められた用法・用量があります。健康食品だからといって大量に摂取することは肝臓に負担をかける可能性があり、おすすめはできません。

 

「1日2粒」と書いてあればその通り、1日のうちどこかで2粒を飲むようにします。「食後」などタイミングが決められている場合は、食後に摂取するようにしましょう。

 

プラズマローゲンを飲んだ後

プラズマローゲンは薬ではないので、飲んだからすぐ効くというわけではありません。長期的に服用を続けることで効果を実感することが期待できます。

 

理想的な摂取の仕方は、規定通りの量を飲んだあと、五感や指先を使った運動、頭を使うゲームやパズルなどを行う習慣をつけることです。

 

パズル

 

脳は放置すればするほど機能が低下してしまいます。物忘れが多くなってきた時ほど、脳を積極的に使うべきなのです。

 

プラズマローゲンをサプリメントなどから摂取し、頭や指先を使って何かの作業を行いましょう。若い方やお仕事を持っている方は、通常通り目の前の作業に向かっているだけでOKです。

 

何もしない時間が多い方は、ゲームや楽器の演奏、陶芸、手芸、料理などをしてみたり、それらが難しい場合は手遊びや簡単な手先の運動だけでも良いと思います。

 

記憶力の回復や脳機能の改善は、一日や二日では困難です。大切なことは、実際に自分でも動いてみること

 

プラズマローゲンの摂取とあわせて、長期的なリハビリトレーニングを行うことで、より効果を引き出すことができるでしょう。

 

プラズマローゲンサプリ詳細